スクラップブッキング教室が開催されました!

イベント

1月28日 13:00〜 今津枝里さんのスクラップブッキング教室が開催されました(^^)

スクラップブッキングとは、写真をただアルバムに貼るだけではなく様々なアイテムを切り貼りしたり、文字やメッセージを書き込んだり思い思いにコラージュして作り上げる世界に一つだけのアルバム、、、といったところでしょうか。
私は講師の枝里さんにみんなで作りたいとお話をもらって初めて知りました。
スクラップブッキングとは

今回参加者は大人3人と8歳の女の子でした。

今回は一枚の紙に切り貼りしていくのではなく、立体のボックス型の物を作りました。
プレゼントの形で、開くと写真やメッセージが出てくるというものです♪

みんなが終わる頃末っ子も顔を出し、「オレもやる!」と。

大胆な切りっぷりに思わず口をハサミそうになるのをグッとこらえました(^^;;

終始和やかな雰囲気の中であれこれおしゃべりしながら作業しましたが、枝里さんのアメリカンな感じが本当に素敵。

結局は「なんでもいい」「適当でいい」

仕上がりの綺麗さが重要なんじゃなくて、手を動かしながらどんな写真を貼ろうかとか、そういえばあんなこともあったなぁとか、そんなふうに思いを馳せるのも一つの醍醐味なのかな、、なんて思いました。

枝里さんご自身は、私と同じように学校にいっていないお子さんをお持ちです。

いろいろと悩み苦しんだ当時にこのスクラップブッキングに救われたそうです。

子どもたちの写真を眺めながら涙と同時に笑顔もこぼれ、また面と向かっては照れ臭いメッセージを書き込んだりして、それを見た家族の間にあたたかい空気が流れたんだろんなぁ、、、なんて私は想像しました。

何しろ明るい枝里さん、辛いことも笑顔に変えてこれまで歩まれたんだろんなぁと、その屈託のない笑顔に感じずにはいられませんでした。

文化学園ではまたスクラップブッキング教室をする予定でいますので、ぜひチェックしててくださいね!

枝里さんは、教室なんて形式ばらずひとつのコミュニケーションツールとして穏やかな時間を共有していくというイメージでやらせていただけたら、、、と言っています。そんな枝里さんとおしゃべりするだけでも楽しいですよ!(^^)